ビジネスマン&外国人旅行客御用達の人気店

小王府

小王府

北京小王府菜館

住所/ 北京市朝陽区光華東東里2号楼
営業時間/ 11:30~14:30、18:00~22:00

 
地下鉄1号線国貿駅から徒歩約10分、オフィスビルが立ち並ぶCBD地区にある北京料理のレストラン。車通りの多い光華路から一本奥に入った少々わかりづらいところにあるものの、その場所柄CBD地区の人々や観光客にとってなくてはならない食堂のような存在になっています。

店内は3階建てで個室も完備。外国人利用も多くメニューは英語も併記されています。一番人気は店の前の窯で焼き上げる本格北京ダックで、少人数の場合は半羽の注文も可能です。

このほか、トマト玉子炒めや酸辣湯、エビとセロリの炒め物など、スタンダードな人気メニューが勢ぞろい。これらは日壇公園、王府井、什刹海の各支店でも楽しめます。

 


眠らない街で中国各地の名物料理を!

花家怡園

花家怡園

花家怡園 四合院店

住所/ 北京市東城区東直門内大街235号
営業時間/ 10:30~翌4:30

 
北京市内各地に支店を持つ人気店。なかでも人気のグルメストリート「鬼街」にある四合院店は深夜まで営業しているので、連日多くの人で賑わっています。北京の伝統建築「四合院」の造りを活かした店内はアンティークの調度品や鮮やかな色使いが印象的。

中庭では毎晩、楽器の生演奏や麺づくりの実演などのパフォーマンスが日替わりで催されています。料理は北京料理、四川料理、広東料理などのベースにオリジナルのアレンジを加えたもの。目の前で切り分けてくれる北京ダックはもちろん、上海蟹やザリガニ料理など、中国各地の料理が味わえます。

 


王族の邸宅で豪華な宮廷料理を堪能

白家大院

白家大院

白家大院

住所/ 北京市海淀区蘇州街15号
営業時間/ 10:30~22:30

 
かつては親王の邸宅であった建物を改装した大きなレストラン。広い敷地内には各建物や回廊、池がゆったりと配置され、テーブルや椅子など調度品の一つ一つも豪華。

さらに店内のスタッフは全員宮廷衣装を着用しており、すれ違う時も清朝時代の言葉で挨拶をしてくれるなど、まるで清の時代にタイムスリップをしたかのような雰囲気を味わえます。

供される料理は宮廷料理で、花びらのサラダや鳩のスープ、鹿肉の炒め物など現代の中華料理とは一味違った品々。京劇や古典音楽の演奏を楽しみながら料理を堪能すれば、王族の宴会に招かれたような気分になれることうけあいです。

 


北京の伝統料理、ヘルシーな羊肉のしゃぶしゃぶ

宏源南門涮肉 日壇店

宏源南門涮肉 日壇店

宏源南門涮肉 日壇店

住所/ 北京市朝陽区日壇東路9号
営業時間/ 10:00~22:00

 
日壇公園の東側にあるしゃぶしゃぶの専門店。大使館街やCBD地区に近いということもあり、外国人や観光客も多く訪れる人気店です。店内は300席を超えるテーブル席と17室の個室を完備しています。

こちらのしゃぶしゃぶはひとつの大きな銅製の鍋を全員が共有するスタイル。北京でのしゃぶしゃぶの定番である羊肉は臭みもほとんどなく、さっぱりといただけます。他にも牛肉や車エビ、イカ、魚団子、キクラゲなどメニューも豊富。

タレも定番のゴマだれ以外に海鮮醤油やニンニクバージョンもあり、さらに薬味を自分でアレンジすれば様々な味のバリエーションを楽しめます。

 


260年の歴史を誇るシューマイの老舗

都一処

都一処

都一処

住所/ 北京市崇文区前門大街38号‎
営業時間/ 10:30~22:00

 
清王朝の皇帝・乾隆帝が大晦日の夜に立ち寄り、「こんなに遅くまで営業しているのはここだけだ」と「北京でただひとつの店」という意味の「都一処」の屋号を与えたといういわれを持つ老舗。

北京では知らない人はいないこの有名店には、国内外から多くの人が訪れ、昼時には長蛇の列となることもあります。シューマイはごく薄い皮で豚肉やエビなどたっぷりの具を包んでおり、蒸しあがったその姿は花びらが開いた花のような美しい形。

豚肉、羊肉、エビ、キノコなどを組み合わせ、シューマイだけで30種類ものメニューが。秋に期間限定で登場する蟹シューマイも人気の逸品です。

 


 

北京のレストランを探す


料理から探す

中華料理レストラン 各国料理レストラン 日本料理レストラン

エリアから探す

朝陽区のレストラン 東城区のレストラン 西城区のレストラン
海淀区のレストラン

ピックアップ

北京ダックおすすめ店 四合院レストラン

 


北京のおすすめ情報

 


 




 
※2013年9月現在の店舗情報です。